Directed by Protein UOZUMI

脂質もダイエットには重要!トランス脂肪酸には気をつけよう!

2018/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!プロテイン前田です!

急に寒くなったり、勘弁してほしい!🙄😂

服の温度調節が下手な僕はこんな格好をして

原付でジムに向かいました。

f:id:hirotaka-y-580079:20180523152344j:image

ジムに着いた時には寒すぎて頭が痛くなり、

カフェで休む事態。笑

あったかいコーヒーがなければどうにかなってしまっていたと思います。

さて、今回はプロちゃん食事チェックのポイント、脂質編です!

脂質はあらゆるものに入ってますよね!

お肉の脂身、クリーム系、ポテトチップス…

美味しいものばっかりです。🤤🙄

あらかじめ言っておきます。

この脂質というやつ。

敵にも味方にもなります。

諸刃の剣ってやつです!

そして、本記事ではめちゃくちゃわかりやすさを意識して書きます。

全部説明すると長くなりすぎ、わからなくなります。

そう言わざるを得ないくらい、脂質は複雑です。

うまく味方にして、食事に取り入れていきましょう!

 

⭐栄養に関する記事はこちら!

たんぱく質編

http://protein-maeda.com/entry/2018/05/21/202101

野菜編

http://protein-maeda.com/entry/2018/05/22/155707

チートデイ編

http://protein-maeda.com/entry/2018/05/31/071504

 

⒈脂質を敵って思ってなかった?

ダイエットを始めた時、

油を控えよう!カットだ!!!

って思う人も多いのではないでしょうか?

ただ、実のところ、そこまではやらなくていいのが本当のところ。

脂質にはちゃんとした役割があります。

そして、いい奴も多いです。(友達みたいに言うな。笑)

例えば…

【オメガ3】…えごま油、魚の油など

腸内の悪玉菌を減らし、腸内を整える。

→便秘解消、免疫力アップ

【オメガ9】…オリーブオイル、ナッツ油など

悪玉コレステロールを減らす。

動脈硬化を防ぐ

こいつらなんかは良いやつらですね。

それぞれ健康的な効果もあります。

そもそも脂質は成長ホルモンに必要な栄養素だったりもします。

そう、体に必要な栄養素なんです。😳✨

他にも短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸飽和脂肪酸不飽和脂肪酸など良い脂質についていろいろ話したいことはありますが、

今日はここまで!

しかし、何故、制限の対象になるのでしょうか。

次の章で見て行きましょう!

(ちなみに、良い脂質を含んだ食材はこちら!

アボカド、ナッツ類、魚、オリーブオイルなど)

⒉脂質は諸刃の剣

ものすごく基本的なボディメイクの知識の話をします。

カロリーってありますよね。

エネルギー量のことです。

摂りすぎると太るし、

取らなさすぎると筋肉を失います。

そして、3大栄養素、たんぱく質・脂質・炭水化物には、それぞれ1グラムに対してカロリー数が決まっています。

それがこちら💁‍♂️

たんぱく質・・・1グラム→4キロカロリー

炭水化物・・・1グラム→4キロカロリー

そして、脂質は…

1グラム・・・9キロカロリー

ふぁっ!!!???

そうなんです。カロリーが高い!

たんぱく質や炭水化物の2倍以上のカロリー数です。

これが制限するべき1つの理由。

摂りすぎるとカロリーオーバーしちゃうからです。

これは単純に食べ過ぎ注意という事。

脂質もたんぱく質と同じく、

1日の摂取目標が決まっています。

体重×1グラムです。

これが意外とすぐオーバーしちゃう。

例えば、40〜50キロの女性がいたとしましょう。

その人がちょっと食べ過ぎて、ポテチを一袋食べたとします。

すると、

f:id:hirotaka-y-580079:20180529152458j:image

脂質、36グラム。

ふぁっ!!!!!!!????????

そうなんです。ポテチ一袋で摂取目標の半分くらい摂れてしまうんです。

ポテチなんて、よく食べるようなものにも、脂質はかなり含まれています。

40キロの女性なら、1日にあと4グラム。

4グラムだと、まあオーバーしちゃいます。

すぐオーバーしちゃうので、気をつけてほしい!

(※オーバーしても、健康に害がすぐ発生するとかそういうことではないので、注意ね!笑)

また、僕が食べ物の中でも、悪だと思っている数少ない脂質があります。

それはトランス脂肪酸です。

加工の時に使われる油です。

こいつだけはマジで気をつけてください。

こればっかりはある程度表現が過剰になるかもしれません。

食べ過ぎると相応のリスクが待っています。

結論から言うと、動脈硬化や高血圧など心疾患のリスクが高まります。喘息やアトピーの原因にもなります。

そしてWHO世界保健機関は工業的に作られたトランス脂肪酸を排除しようとしています。

アメリカやデンマークでは、

トランス脂肪酸が多く使われているマーガリンを禁止しています。

日本ではまだ禁止はされていません。

和食中心の日本の食事では1日のトランス脂肪酸摂取量は規定された値を超えないからとのことです。

しかし、日本も洋食化してますよね?

これからおそらく禁止されていく方向だとは思います。

こういう点があるから、脂質は気をつけなければならないのです。

プロちゃん食事チェックでも、写真で見て脂質を食べ過ぎと感じたら次の食事で抑えてと指摘するし、脂質オーバー気味なら、炭水化物の方を抑えてカロリーを減らすよう調節を促します。

そして、良くない脂質に対しては注意し、

いい脂質に対しては推奨します。

(ちなみにトランス脂肪酸が入った食材はこちら!

・鶏皮、サラダ油、マーガリンなど)

⒊ここでちょっと大事な話

今から他のマッチョ達を全員敵にまわすかもしれない話をします。

皆さん、ここまで読んでもらって、

トランス脂肪酸を食べたらもう体が大変なことになる!絶対に食べちゃダメだ!」

と思われる方もいたのでは?

しかし、考えてもみてください。

シュークリーム、菓子パン、お菓子、

ここら辺にはトランス脂肪酸は入ってます。

これ、一生我慢できます?

できないですよね。

僕はできません。

生涯マッチョとして生きると決めた僕でもそれはできないのです。

何か頑張ったとき、目標を達成したとき、

大好きなものを食べたい。

しかし、栄誉表示を見るとトランス脂肪酸が…

となるのは、あまりに悲しいじゃありませんか。

だからこそ、僕は思うのです。

僕は何も、世の中の全員がマッチョになって欲しいとは思いません。

人それぞれ、ライフスタイルがあって、

それを尊重します。

僕はすべての人が、外面、内面、精神について健康に過ごしてほしいのです。

僕はそれをフィットネスを通してできると信じています。

だから、気にしすぎて何も食べられなくなるくらいなら、究極に食べたい!と思った時は食べればいいと思います。精神のために。

精神にとっては、甘いものも脂質も必要な時もあると思います。

しかし、リスクは知っておくべき。

改めて言いますが、食べ過ぎは本当に良くありません。

食べ方やリスク回避の方法なとを知っておくべきです。

このブログでは今後もそういったトピックにふれていきます。

日頃から健康に気を使った食事をしていれば、

たまーに食べるポテチをちょっとなんて全然大丈夫。

また、コンテストに出ようとしているマッチョだったり、その人自身に、〇〇までにカッコいい体になりたい!という目標・想いがあるのなら、話は別です。それまでは制限すべきだと思います。

しかし、目標を達成した時は思いきって好きなもの食べましょう。😊✨

ちなみに僕はボディビルコンテストに出たあと、大学の先輩たちとビュッフェに行き、

夜は家族とばあちゃんと一緒にピザ🍕を食べました。

翌日(と言うかその日の夜中)お腹が痛くなるくらい。笑

あの時のご飯は間違いなく人生で1番美味かったです。

味覚が冴え渡り、体が喜んでいるのがわかりました。

僕のかけがえのない思い出です。

どこかにはトランス脂肪酸も入っていたでしょう。笑

⒋まとめ

今回はまとめましょう!

いろんな話が出てきたので!

まとめるとこんな感じ!

・脂質は敵じゃない!良い脂質を選んで味方につけよう!

・脂質は1グラム=9キロカロリー。

食べ過ぎはカロリーがすごいことになるよ!

トランス脂肪酸には気をつけろ!

こいつはマジでやばい!!!食べ過ぎ注意!!!

でも、本当に食べたくなっちゃったら、

日頃の節制を頑張って、食べよう!

いかがでしたか?

皆さんも、脂質と仲間になって、

健康的な、フィットネスライフを楽しみましょう!

それでは以上!

長文読んでくれていつもありがとう!

それではまた!次は何を書こうかなぁ…!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 3 =

Copyright© PRO BODY CREATE , 2018 All Rights Reserved.