Directed by Protein UOZUMI

コンプレックスが最大のパワーの源になる

2018/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!プロテイン魚住です。

 

今日は1日穏やかな日々を過ごしました。

 

午前中からジムでパンプアップして、マッチョ友達たちとバーベキューに出かけました!

 

皆んな気兼ねなく、しかも圧力とかもない。(筋肉の威圧感はあるけどね。(笑))
減量してる子がいれば無理に食べることを強要しなかったり、
それぞれがトレーニングを楽しんでいる、最高の仲間たちです。

 

海に行く前に皆んなで集まることのできるジムで筋トレして、
パンプアップ(筋肉を一時的に膨らませること)して海に向かいました。(笑)

 

僕が、『海の近くにジム作って、パンプアップしてすぐに海に行けるようにしたいなぁ。』と言ったら、

『それ絶対流行るよ!いいね!』って言ってくれたりとかして、本当にありがたい。

 

そんな中、1人はボディメイクコンテスト出場を控えてました。

その子は脂質が多い食べ物は食べずに、かなりしっかりと体を絞り上げていて、

めちゃくちゃいい体の仕上がりだったんですよ。

肩幅も広くて、くびれもあって、腹筋もしっかり現れている。まさに男性の理想でした。

 

今年、僕はコンテストには出場予定はありませんので、最近少し減量したものの、

仕上がりはその子と比べると全く敵いません。つまり完敗。

 

コンテストに出場する予定のない僕としては絞りで勝てないのは当たり前だったんですが、

少しばかり嫉妬しちゃいましたよ。(笑)

正直少しばかりではありません。(笑)

 

それを踏まえてこんなツイートを。

 

 

これ、自分で言っといてなんなんですけど、めちゃくちゃ大事なことだと思うんですよ。

 

劣等感の全く無い世界で筋トレをする?

僕だったら、しませんね。

少なくとも、今ほど力を入れてやることはないでしょう。

 

もちろん、筋トレ自体は嫌いじゃなく、むしろ好きなことですが、

それは『醜かった体が変わって行く』から好きと言う理由がかなりあります。

 

この自分の体が醜いと劣等感を感じることが重要で、そこがモチベーションの人ってやる気がめちゃくちゃ強いんですよね。

そして、二度と醜かった頃の自分に戻りたくないので、リバウンドもしづらいんですよね。

 

これが全く自分の体に劣等感がない人なら、そもそも筋トレしませんよね?(笑)

したとしても、筋トレそのものに相当な興味がある人ではないと継続するのは難しいのではないでしょうか。

 

プロテイン魚住の劣等感

実は僕、小学校の時、いじめられていたんですよね。

小学校4年生〜6年生の間くらいまで。

と言っても、今はいじめてたやつとも普通に話しますけどね。ただ当時は酷かった。

 

1クラスしかない学校だったのですが、クラス全員に無視されていました。目が合っても無視されます。

僕が触れるとその場所や人はばい菌扱い。皆んなで擦りつけあったりします。

 

当時は自分はかなりのデブで、いじめられた原因も、

『給食の時間、みんなが大事な話をしているときに僕がご飯をおかわりに行ったから』でした。

 

この理由面白くないですか?(笑)

まず当時の僕はどんだけおかわりに行きたかったんだって思うし、

おかわりに行くことを原因にいじめられるくらいの大事な話ってなに?って思うし、

ツッコミどころ満載の話ですよね。(笑)

 

当時は本当に辛かったなぁ。無視されるのが辛かった。

『僕がいない』みたいなんですよ。世界から僕の存在を否定されているかのような。

いじめは絶対に良くない!これだけは言っておきます。

 

そして、僕はその後自分のことをデブだと思い続けることになるわけです。

ボディメイクをして変わった今でも、自分の体を完璧だと思ったことはありません。

 

でも、実は今の僕はそのいじめをモチベーションに筋トレしている部分もあって、

デブだった頃の自分に戻りたくなくて、『絶対見返してやるぞ』って気持ちがめちゃくちゃ強い。

そこが僕の強みなんです。

 

そして、フィジーク(ボディビルの一種)コンテストに出たときは、最高だったなぁ。

まず歓声がすごいし、会場中も、ステージの僕を見てるんです。

確実に僕はカッコイイ体でステージにいるわけです。存在しているわけですよ。

この時ばかりは、当時のいじめた奴らを見返してやったと思いましたね。(笑)

人生変えたと思いました。

 

劣等感は持ってていい

だから、劣等感は持っててイイものだと思うんです。

だって、めちゃくちゃ強いモチベーションにできるから。

それを元に今の自分ができるし、人生を変えることが出来たりします。

 

これはTwitter上で交流のあるイトーちゃんと言う方が僕のツイートを元にリツイートしてくださったものです。

イトーちゃんのTwitterはめちゃくちゃ楽しいので、是非一度見てみてください。(笑)

 

そう、劣等感はめちゃくちゃ力をくれるんですよ。

 

だから、あなたが持っている劣等感は、大事に、自分が何かやるときのモチベーションにしましょう。

どんなことでもイイと思います。

その時のあなたはすごい力でそれができますよ。

ボディメイクの場合は僕に相談ください。僕も一緒に頑張るので。

 

まとめ

今日は劣等感について書きました。

ちょっとヘビーな内容が多いかもしれませんが、さらっと読んでくれても、

すごくちゃんと読んでくれても嬉しいです。

 

良ければ、皆さんの感想とかも聞きたいので、

引用リツイートとかコメントしてくれたら嬉しいです!

 

以上!プロテイン魚住でした!いつも長文読んでくれてありがとう〜!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =

Copyright© PRO BODY CREATE , 2018 All Rights Reserved.