Directed by Protein UOZUMI

カッコいい体になるためのトレーニング!【カッコいい体になるために鍛えるべき部位とは?】

2018/11/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!プロテイン魚住です!

 

 

皆さん、トレーニングするなら、カッコいい体になりたいですよね?

なりたいってことですよね!!???(強引、笑)

 

 

僕はこれでもカッコいい体を競うコンテスト出場選手な訳で、カッコいい体になるべく日々研究してます。

 

 

今日は、日々の研究の成果をシェアして、皆さんにカッコいい体になる為に、どこをトレーニングすべきなのか、書いていきます!

 

 

もちろん、男性だけではなく、女性も、美しくスタイリッシュなプロポーションになる為にどこを鍛えるのがいいのか、解説していきたいと思います!

 

 

美しい体に必要な”くびれ”を作ろう!

カッコいい体や、美しい体にはどんなものが必要なのでしょうか。

まずそこから見ていきましょう!

 

 

写真を見てください。

 

 

 

一見、腹筋すごい!って思うかもしれません。

でも、写真の彼の本当にすごいところは、その体型のバランスです。

 

 

体全体を見えいただくとわかるように、

肩幅が広く、ウエストが細い、そして下半身も大きいのでシルエットを見ると、アルファベットのXのようになりますよね!

そう、この男性の体にはくびれができているのです。

 

 

くびれこそ、カッコよく美しい体の秘訣です!

 

 

これは洋服選びの時も重要になる要素みたいです。

 

 

Xラインとは広い肩幅、絞ったウエスト、裾に向かって広がったスカート部を特徴とする、アルファベットのXの字を思わせるシルエットの事。

洋服を選ぶ時、痩せて見えるような洋服を選びませんか?
洋服を選ぶ際は、体型を活かして、くびれがちゃんとできるような洋服選びをされる方が多いようです。
このように、カッコよく美しい体には、くびれができているかどうかが重要なのです。
男性の場合は、逆三角形とも言われますよね!
次の章では、くびれを作るためのポイントをお伝えしていきます。

くびれを作るためのポイント

くびれを作りたいとき、以下のポイントを抑えてトレーニングしましょう!

 

ウエスト細いだけではくびれはできない

これが一番のポイント!

 

 

くびれを作ろうとすると、どうしても『ウエストを細くしよう』と考えがちですが、

実は、ポイントはウエストではありません。

 

 

海外の女性をみたときに、ものすごくグラマラスでもスタイルが良く、くびれがあるように見えることはありませんか?

 

 

海外の女性は、ウエストが細いわけではないんです。

ウエストが、バストとヒップと比較すると相対的に細い、つまり、バストとヒップのボリュームがすごいんです。

 

 

これが、くびれの正体です。

 

 

ウエストを細くしようとしすぎて、筋肉をつけずにトレーニングしようとすると、

全身が細くなり、結果くびれはできずにただ細いだけの体が出来上がってしまいます。

 

 

ちなみに、筋肉がなく、細いだけの体は、海外ではスキニーファット(皮膚デブ)と呼ばれています。

筋肉のついたメリハリボディを目指していきたいですよね!

 

 

くびれを作るのに腹筋を鍛えるのは逆効果!?

ウエストを細くしたい!という方ほど、腹筋をたくさんやる傾向があると思います。

 

 

これは、実はくびれを作るには逆効果なのです。

 

 

腹筋は、体の中でもものすごく体積の小さい筋肉です。

つまり、鍛えても代謝アップにはなかなか繋がりません。

 

 

〈代謝と筋トレの関係・ダイエットの基本はこちらの記事!〉

 

 

そして、腹筋だけを鍛えるとどうなるかというと、

代謝がアップしないので、脂肪は燃えずに腹筋だけつきます。

 

 

すると、脂肪は残ったままなので、ウエストが細くなるどころか、

ウエストは腹筋が大きくなった分、太くなってしまいます。

 

 

これでは、結局のところくびれを作りたいのに、逆にくびれない体を作ってしまいますね。

 

 

腹筋を鍛えるのもいいですが、もっと大きな大筋群を鍛えることをオススメします!

 

 

腹筋を鍛えることを否定しているわけではありません。

カッコよく美しい体を作るために腹筋のみを鍛えることは非効率ということです。

 

 

くびれを作るトレーニング!【見た目を大事にトレーニング!】

では、具体的に、くびれを作るためのトレーニングをみていきましょう!

 

 

男性も女性も重要!【お尻のトレーニング】

男性も女性も、ヒップを含む下半身にボリュームがあることで、ウエストの細さを出したり、

際立たせることができます。

 

 

お尻だけが大きくても、お尻がボテッと出てしまうので、

太ももからお尻にかけての筋肉(ハムストリングス)も含め、下半身は全体的に鍛えていくべきでしょう。

 

 

女性の場合は、太ももの前側(大腿四頭筋)は大きくなりすぎると、足の太さが際立ってしまいますので、

後ろ側を重点的に鍛えることをオススメしています。

 

 

 

〈くびれを作る下半身トレーニング〉

  • ブルガリアンスクワット
  • スクワット
  • レッグカール
  • レッグプレス etc…

 

 

 

男性必見!【逞しい肩幅を作れ!】

男性の場合は特にですが、肩幅が、逆三角形ボディのアウトラインを作ってくれます。

肩のトレーニングで肩幅を出して、ウエストをより細く見せてさせていきましょう!

 

 

なお、女性の場合も、鍛えることをオススメしてます。

 

 

女性の場合、肩幅が極端に広いことはあまり好まれませんが、

他の筋肉に比べて肩の筋肉だけ小さいと、バランスが悪くなってしまいますし、

意外と、夏場などは肩口が開いた服を着ることもあるので、肩の筋肉が少しついているくらいがカッコいいです。

 

 

ちなみに、フィットネスの本場、アメリカのロサンゼルスでは、ウエストにくびれを作るのに飽きたフィットネス女子たちが、肩にくびれを作っているそうです。(笑)

どんどんフィットネスが進化していっているのがわかりますね!

 

 

 

〈くびれを出すための肩のトレーニング〉

  • サイドレイズ
  • リアサイドレイズ
  • ショルダープレス etc

 

ドレスには必須!?【背中のトレーニングで幅を出そう!】

あまり注目されてはいませんが、背中のトレーニングはくびれのある美しい体を作るためには、

めちゃくちゃ重要なトレーニングです。

 

 

ちなみに、手前味噌ですが、

 

 

 

僕はこの背中が大きかったおかげでアウトラインがきっちり出て、

東海フィジーク12位の成績を納められたと思っています。

 

 

バスト付近にもボリュームを出すことができるので、ウエストをより細く際立たせることができます。

 

 

女性の場合も、夏頃に背中をがっつり出す洋服も着れる様になります。

なんなら、腹筋よりもよっぽど背中を出していると思います。

そんな時に、鍛えられたシュッとした背中を出すことができれば、とてもかっこいいし美しいですよね!

 

 

背中をきっちり鍛えていきましょう!!!

 

 

 

〈くびれを出す背中のトレーニング〉

  • ラットプルダウン
  • 懸垂・チンニング
  • シーテッドロー
  • ベントオーバーロー etc

 

 

バストにボリュームを!【胸筋を鍛えよう!個人的なオススメ!】

僕が個人的にオススメしているのが、胸のトレーニングです。

 

 

特に、胸の上部を鍛えるトレーニングがオススメです!

インクラインベンチプレスなどが、胸上部のトレーニングに該当しますね!

 

 

Tシャツの首元から見える筋肉でもあって、これがあることでTシャツの上からでもバストにボリュームがあるように見えます。

 

 

女性の場合も、バストにボリュームが出れば、相対的にウエストが細く見えますから、

重要なのは変わりありません。

 

 

こちらもどんどん鍛えていきましょう!!!

 

 

 

〈くびれを作る胸のトレーニング〉

  • インクラインベンチプレス
  • ベンチプレス
  • 腕立て伏せ etc

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

僕は相変わらず毎日筋トレしてるので、皆さんも一緒に、かっこいい体を作りましょう!

 

 

以上!プロテイン魚住でした!

いつも読んでくれて、ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − fifteen =

Copyright© PRO BODY CREATE , 2018 All Rights Reserved.