ABOUT HERO

ABOUT HERO

プロフィール

 

 

基本情報

 

肩書/実績 パーソナルトレーナー/東海フィジーク12位、BEST BODY JAPAN TOKUSHIMA FINALIST
生年月日 1991年10月25日生まれ
出身地 愛知県名古屋市
趣味 トレーニング、ダイエット、アメリカンフットボール観戦、グルメ、将棋、HIPHOP、YouTube鑑賞

 

HEROからごあいさつ

 

はじめまして!パーソナルトレーナーHEROです!

 

2018年の8月にサラリーマンを辞め、憧れだった『筋トレを仕事にする』ためにパーソナルトレーナーとして独立。

そして、友人に誘われ名古屋栄のBAR、旅BAR夢portの一員として共同経営に関わることになり、今では嫁と夫婦Youtuberとしても活動を始めました。

 

元々はただの筋トレ好きのサラリーマンでしたが、筋トレが好きすぎて研究や勉強を重ね、独立し、たくさんのお客様を見せていただく中でスキルを蓄積し、今ではパーソナルトレーナーとして活動し始めてから1年が経とうとしています。

 

最初から実績のない中で、僕にパーソナルトレーナーの仕事を依頼してくれた皆様のおかげで、

パーソナルトレーナーとしても信用を得ることができ、個別パーソナルジムに所属させていただくことができるようになり、

今ではそこでさらにパーソナルトレーニングのご依頼を受けることができるようにもなりました。

 

 

もしかすると、フリーランスになって順調だと感じる人もいるかも知れませんが、

その実は全く順調などではなく、

  • フリーランスになってすぐ、不安が募りすぎて盲腸になる
  • お金がなさすぎて、夫婦で貯金を切り崩す生活
  • 何をやって良いかわからず、精神的に病む

など、本当に苦しかったです。

 

ここでは、今プロテイン魚住がどんな信念で仕事をしているのか、

僕自身と、パートナーとなったうおしーらんとの活動を振り返りながらご紹介させて頂きます。

 

周りに合わせ続けた学生時代、サラリーマン時代【我慢することが美徳だと思っていた】

僕は学生時代を完全な体育会系で育ちました。

体育会系の生活で得たものは、

  • 上下関係が重要な社会での過ごし方
  • 理不尽から我慢する力
  • 言われたことを忠実にこなす力

 

この能力を備え、社会に出て、安定を求め一度銀行員として社会人1年目をスタートさせました。

 

しかし、そこで僕を待っていたのはストレスに耐える日々でした。

 

銀行で僕が行なっていたのは、

  • 毎日同じルーティンで行われる窓口業務
  • 定時を過ぎても仕事を強要される
  • 飲み会などで一気飲みを強要される

 

など、多くの理不尽がまかり通っていた銀行での生活でした。

もっとブラックな企業で働いている人もいるかも知れませんが、僕にとっては強力なストレスでした。

 

もちろん、大好きだった筋トレも制限された時間の中で行うことしかできませんでした。

 

ストレスで摩耗した生活によって、日々転職しようか迷い続けていましたが、

2年目が終わりかけた頃、当時の銀行の上司に転職を切り出し、転職することになりました。

 

しかし、転職先でも、給料は良くなったものの、状況はさほど変わりませんでした。

 

『自分のやりたいことをやるためには、何かに耐えなければならないんだ。』

『独立なんて無理だし、サラリーマンをやっている中で、できることを考えよう。』

『会社に入って、これからずっとここで働くんだから、みんなとうまくやらないと…』

 

会社員時代にホームレス小谷さんと記念撮影した時の写真。もさい…www

 

僕の人生を変えた”筋トレ”【好きなことをやってお金をもらった】

 

ボディメイクコンテスト出場【好きなことして良いかも知れない…】

人生の転機が訪れたのは突然でした。

社会人になってからはずっと筋トレが好きでジムに通っていました。

どんどんバキバキになっていた2017年、トレーナーから突然、

 

 

『今年はボディメイクコンテストでないんですか?』

と言われました。

 

そのころの僕は、ボディメイクコンテストに出るなんて考えもしませんでした。

コンテストに出場するには、減量も厳しくしなければならなく、仕事に支障をきたす可能性がありました。

そして、日焼けもしなけしなければならないので、営業の仕事的にもあまり良いとは言えませんでした。(真っ黒な営業マンになってしまう。)

 

しかし、以前からコンテストは筋トレYoutuberを見ていたこともあって気になっていて、

しかも、筋トレによって体が変わっていくことによって自分への自信がどんどんと付いていっていました。

先ほどのトレーナーの一言が、僕の心を揺さぶっていました。

 

『出ましょうよ!』とトレーナーがさらに追い討ちをかけてきたところで、僕の人生が動きます。

 

『出ます!手続きさせてください!』

 

こうして僕はその年の夏、東海フィジークと言うボディメイクコンテストに出場しました。

会社の上司や先輩たちには隠して出場し、日焼けがすごくなっても、海に行ってましたと当時は嘘を付いていました。

ランチも断り、飲み会も断り、会社からはどんどんと浮いた存在になっていきました。

 

でも、ここで心の中に前とは違う心境が芽生えました。

『あれ…?好きなこと、筋トレを一直線にやっても良いんじゃないか…?』

 

東海フィジーク出場時のHERO

 

副業でパーソナルトレーナーを始めた【好きなことしてお金をもらった】

ボディメイク コンテスト出場後、僕は好きなことを追求する気持ちがどんどん強くなりました。

そして、このままいっそ、筋トレが仕事になったら良いのにと思っていました。

 

しかし、その気持ちを、母親に打ち明けたところ、

『そんなにうまく行くはずがない。』

『好きなことずっとやっていけると思ってるの?』

『パーソナルトレーナーにさせるために国公立大学に入れたんじゃない。』

と大反対。

 

一度芽生えた気持ちが、だんだんと萎れていくのがわかりました。

 

そんなある日、Youtubeで筋トレを仕事にしている人がいました。

その人はとてもカッコよくて、どうしようもなく憧れたのを覚えています。

 

そんな中でした。

 

 

『プロちゃん!お願い!パーソナルトレーニングしてくれないかな!?』

 

と、なぜか友達が僕に頼んできてくれたのです。

 

これが、僕の副業パーソナルトレーナーの始まりでした。

 

最初は無料でやっていましたが、無料でやるせいなのか、僕の実力が足りなかったのか、お客さんは全くパーソナルトレーニングの効果が出なかったので、

途中から、

『ごめん!有料にさせて!』

とお願いしたところ。

 

『もちろん!最初からそのつもりだったよ!』

と快諾してくれました。

 

そして、副業パーソナルトレーナーを初めて最初の1ヶ月が終わった頃ぐらいに、お客さんからお金をもらったのです。

 

その時の気持ちを今でも覚えています。

 

『あれ…?好きなことしてお金をもらったぞ…?』

 

この時、もう1つの大きな出来事が僕を待っていました。

そして、その出来事が僕の人生をひっくり返します。

 

そう、後に僕の嫁になる、うおしーらんとの出会いです。

 

最愛の女性と結婚…そして、会社を辞めた【自由になれたと思っていた】

 

嫁に嫉妬する日々が続いたある朝…

嫁と出会って、気があって、出会って1ヶ月で結婚することになりました。

→うおしーらんとの馴れ初め話はこちら!

 

その時、彼女は公務員を辞めて、

『フリーランスミュージシャンになって東京で活動する!』

と声高々に宣言し、華々しいフリーランス人生を歩み始めようとしていました。

 

かく言う自分は、いまだに会社員と言う立場で、副業という形でしか好きなことはできておらず、

うおしーらんのことは好きだったものの、このあまりの格差に内心嫉妬と羨望の感情を抱いていました。

 

一方、動き出せない自分。

好きなことを始めたはずなのに、ストレスは副業を始める前以上に蓄積されていきました。

 

そして、うおしーらんとの遠距離恋愛が辛くなり、うおしーらんが名古屋に帰る決断をしたある朝、

プツッ

と糸が切れてしまいました。

 

会社に行こうと思っても、体が動かない。

嫌すぎる。行きたくない。

うおしーらんみたいに、周りのかっこいいフリーランスみたいに、好きなことで生きていきたい。

好きなことして生きていきたいんだ!!!!!!!

 

次の瞬間、LINEで上司に会社を辞めたいと連絡しました。

好きな人と好きなことを好きな場所で…

 

フリーランスパーソナルトレーナーに!【絶望の先に現れた仲間】

会社を辞めた僕はフリーランスパーソナルトレーナーになりました。

お客さんは、副業当時からいてくれたモニターさん達のみ。

1ヶ月の生活費は到底賄えない。

独立したものの、途方に暮れていました。

 

そんな中、嫁ちゃんのカードの請求額に度肝を抜かれます。

 

とんでもない額でしたが、なんとか支払う目処が付いたものの、

より状況は悪くなってしまいました。

そして、ストレスのピークを迎えたある朝、盲腸になりました。

 

入院生活となり、パーソナルトレーナーとして、お客さんを探してくることができなくなってしまします。

僕はこの時、完全に諦めました。

 

絶望を感じながら、病院のベットで寝ることしかできない日々。

 

独立した時から、バイトはしないと決意していましたが、

これはもうどうしようもないかと思っていましたが、ふとそこに、当時常連として通っていた、

旅BAR夢portの店長が僕の病室に顔を出しました。

 

そして、僕にこう言ったのでした。

『旅BAR一緒にやること、真剣に考えてるよ。』

 

この一言が、僕が旅BARの経営に関わるキッカケになったのでした。

好きな場所を誰もがチャレンジできて、それを応援できる場所に…

 

 

フリーランスになって1年目を終える今思うこと【チャレンジを応援できる人間になりたい】

旅BAR夢portの共同経営に関わるようになって、ある程度の経済的な安定を手に入れ、パーソナルトレーナーとしてもある程度の信用を頂けるようになり、そろそろフリーランス1年目を迎えようとしています。

 

嫁ともうおプロチャンネルと言う名前の夫婦Youtuberを始めることができました。

ここで僕たちうおプロ夫婦は二人の好きなことにチャレンジし続けています。

 

ここまで読んで頂いた皆さんはわかると思いますが、

僕の人生には、僕がチャレンジした時に助けてくれる人がたくさんいました。

 

  • フリーランスになる勇気とキッカケを作ってくれた嫁
  • 旅BAR夢portに誘ってくれた共同経営メンバー
  • 副業時代にモニターになってくれたみんな etc

他にも、数えきれない人たちに支えられながら、応援してもらいながら活動しています。

 

だからこそ、僕は今一番思うのは、

誰かのチャレンジを応援できるような活動がしたい。

僕の活動の信念はここにあります。

 

だからこそ、

パーソナルトレーナーとして、ボディメイクして自分の人生を変えたいと言う人を応援するし、

旅BAR夢portをチャレンジする人と、チャレンジを応援する人が居心地がいい場所にするし、

うおプロチャンネルは好きなことにチャレンジし続ける僕たちを見せて見ている人たちに勇気を与えられるものにしたい。

 

 

もちろん、簡単ではないし、生半可なことではできないと思います。

でも、それでも、僕は僕自身が筋トレに出会って人生が変わったように、僕と関わって、

『好きなことやっていいんだ!』

『自分の人生、自分で決めるんだ!』

『チャレンジしてみよう!』

思ってもらえるように、僕のできる全てをやろうと思います。

 

 

めっちゃ長かったけど、読んでくれてありがとう!

プロちゃんでした!

 

 

HEROの活動内容

 

HEROのSNS

HEROのTwitter

 

HEROのInstagram

 

HEROのNote

 

 

HEROのFacebook

 

HEROのパーソナルトレーニング