共働きの家事の分担は”褒めまくり家事”でストレスを無くそう! 【仲良し夫婦”うおプロ”の夫婦円満の秘訣】

こんにちは!夫婦Youtuberの旦那の方、プロテイン魚住です!

みんな、いつもYoutube見てくれてありがとうね!

 

皆さん、夫婦生活や、恋人と過ごす中で、円満にいる為の秘訣とはなんだと思いますか?

忙しい日常でパートナーに興味がなくなったり、パートナーと喧嘩してしまうことも多々あると思います。

共働きともなれば、さらに忙しさは増していくことでしょう。

 

 

うおプロチャンネルを運営する我々うおプロ夫婦は、結婚してまだ1年も経っていないものの(もうすぐ一年になります!🤗)、

共働きで2人とも忙しい日々を過ごしてはいますが、喧嘩してもお互いのことが大好きだし、デートも毎回楽しいし、とてもうまくいっていて、

ありがたいことに、時々Youtubeで視聴者の皆さんから『お二人みたいな夫婦に憧れます!』というコメントを頂きます。

 

 

このブログでは、Youtubeでは表現しきれないような、夫婦円満の秘訣を書いていこうと思います。

 

 

 

仲のいい夫婦の様子を見たい方は うおプロチャンネルをチェック!

 

 

そして今日は家事についての夫婦円満の秘訣をお伝えします!

 

 

共働きの家事は『褒めまくり家事』でお互いを褒めあおう!

 

日々の家事って皆さんどうしてます?

我々うおプロ夫婦は、褒めまくり家事という制度を取り入れて、日々のストレスを軽減しています!

褒めまくり家事とは?

報告加点制の家事とは、下記のような家事のやり方のことを言います。

  1. 家事は基本分担しない(好きな家事は例外)
  2. 家事をやったら『〇〇やりました!』と報告する
  3. 家事をやってくれたらやってくれたパートナーを褒めまくる
  4. 報告前に家事をやってくれた時に気がついたら、同じくパートナーを褒めまくる

 

上記のルールで家事を行うと、自然と家事で喧嘩することが少なくなります。

 

 

文字だけだとわかりづらいですよね。

写真と一緒に説明しましょう。

 

 

家事は分担せず、やったら報告する…

 

家事をやったらやってくれたパートナーを褒めまくる…

 

褒めまくる流れで踊りだしちゃうことも…

 

このように、褒めて褒めて褒めまくって、幸せになっていくのが、『褒めまくり家事』です。

 

 

夫婦の家事分担はマジでリスキー

夫婦の関係性が悪くなる原因は日々の忙しさからくるストレスがほとんどです。

共働きともなるとお互いに仕事のストレスも抱え、家事をするにも仕事に時間を取られてしまって、なかなか進まない。

家に帰ってくると汚い部屋と洗い場、お風呂は入っていないし、洗濯物もどんどん溜まっていきますよね。

 

おそらく、夫婦で生活していたり、同棲していたりすれば、家事を分担して行なっていると思います。

 

しかし、家事を分担すると、担当した家事をやっていないと、パートナーに対して怒りが募り、家事の怠慢を注意すると、

『今やろうと思ってたのに!!!』

と返ってきて、またイライラが募る…

イライラが募るともっと家事をやりたくなくなる。

するとまた注意されまたイライラが募り…

 

といった負のループに入っていきます。

 

この負のループになると、夫婦喧嘩勃発の原因をたくさん作ってしまうため、めちゃくちゃリスキーなんですよね!

 

そこで、我々夫婦で取っている対策が、先ほども申し上げた家事の”褒めまくり”です。

 

褒めまくり家事分担のメリット・デメリット

 

褒めまくる家事分担のメリット

メリットは大きく下記の二つです。

 

基本的に減点の制度がないので相手のことを嫌いになりづらい

減点制度ではないので、そもそも相手を嫌いになる要素がないです。

これによってパートナーに過度に期待することもなく、また、がっかりすることも少ないです。

ガッカリが少なければ少ないほど、喧嘩にはなりづらいと思います。

 

逆にパートナーの加点ポイントはどんどん多くなるので、どんどん好きになり、関係性も良くなります。

家事によって2人の仲が良くなっていくのです。

 

褒められると嬉しい

褒められるのは誰だって嬉しいはず。

それを日常の家事のたびに褒められるのだから、日常的に嬉しいことが続いていきますよね。

 

褒められることは科学的にも『やる気を高める効果』が証明されているようです。

アメリカの教育心理学者R・ローゼンタールが行った実験では、教師に褒められて期待された生徒と、そうでない生徒では成績の伸びに明らかな違いが見られるという結果がでました(注1)。他人から期待されることによって学習・作業などの成果が上がる現象は、一般的に「ピグマリオン効果」といわれています。

出典元ー富士ゼロックス総合教育研究所 ホメは人の為ならず~褒めることの効果~経営企画部 加藤利恵

 

やる気を高めるのですから、他の家事も頑張ろうという気持ちになってプラスのサイクルに入ります。

するとどんどんと家事が進んでいくのです。

 

褒めまくる家事のデメリット

デメリットはほとんどありませんが、下記の通り。

 

褒めるのを忘れた場合

注意しなければならないのが、褒めるのを忘れてしまった場合です。

人間誰でも忘れてしまうことがありますが、報告加点制家事で褒めることを忘れるのは信頼関係上危険なので、気がついたら早急に忘れていたことを謝って褒めまくりましょう。

また、なかなか『ありがとう』を素直に言えない人は、日常生活から、『ありがとう』をたくさん言うトレーニングをしておいて、感謝を表現する練習をしておくといいかもしれません。

すごく些細なことでいいので、何かやってくれたら『ありがとう!』を言うことを心がけましょう。

 

本当にやりたくない作業量の多い家事

これについても、基本は報告加点制家事でまかなうことはできますが、例えば、大きなゴミのゴミ捨てや、月一回にまとめて掃除する場所のような夫婦どちらもできればやりたくない場合は2人で一緒に行うことをオススメします。

 

また、我々夫婦が取り入れているのが、近い親戚による家事代行です。

 

僕の方の母親に週1回そういっためんどくさい家事を代行してもらっています。

内容としては、

  • 段ボールなどの面倒なゴミの処理
  • 家のメンテナンス
  • 散らかってきた部分の収納術の伝授
  • 換気扇など掃除が面倒な部分の掃除

 

などなどです。

母はもともと家事が得意で、専業主婦だったこともあり、プロフェッショナルの領域です。

得意ですから、時間的にも短くて済むし、同時にフリーランスの仕事である我々を週1回見ることで安心できるとのことで、

母自身も非常に満足しています。

 

この制度に関しては、賛否両論あるようで、

母に聞いたところ、母の友達からは結構な批判を頂いたようですが、正直あまり関係はなく、

むしろ母方のおばあちゃんは僕と母が毎週会っていることを非常に喜んでいて、安心しているようなので、圧倒的にやってよかったなと感じています。

 

我々は近い親戚に家事をお願いできる人がいましたが、いない場合は家事代行サービスなども流行っているみたいなので、

ぜひ検討してみるのはいかがでしょうか。

 

終わりに

いかがだったでしょうか!

パートナー同士、家事について考えるキッカケに慣れれば嬉しいです!

 

長文読んで頂き、ありがとうございました!

プロちゃんでした!

 

うおプロともっと仲良くなりたいと思ってくれた方はファンクラブをチェック!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − eight =