言いたいことも言えないそんな夫婦に届いて欲しい【仲良し夫婦”うおプロ”の夫婦円満の秘訣】

こんにちは!夫婦YouTuberの旦那の方、プロテイン魚住です!

実は、昨日嫁ちゃんと喧嘩しちゃいました。。。

 

 

 

すごくなんとでもないことだったんですが、喧嘩まで発展しちゃったんですよね〜。

 

YouTubeでは”おしどり夫婦”なんて風にも言っていただけたりするうおプロ夫婦ですが、

こう言った喧嘩は実はしょっちゅうあったりします。

 

皆さんは、パートナーとどれくらい喧嘩しますか?

全くしない?それとも頻繁?

 

うおプロは、割と頻繁に夫婦喧嘩する夫婦ではあるのですが、それでも、夫婦仲は非常にいいんです。(゚ω゚)

今回は、実は夫婦喧嘩が、夫婦円満の秘訣に繋がってるのではないかというお話をします。

 

 

夫婦円満の秘訣は夫婦喧嘩にある!?

 

夫婦で生活していると、いろんな所に夫婦喧嘩の原因があると思います。

先日紹介した家事分担についてだったり、忙しい日のストレスだったり、それこそ、生理などでメンタルが不安定なことだったり、原因は様々。

 

そんな中で、僕が思うのは、夫婦喧嘩も夫婦円満の秘訣の一つになるんじゃないかということです。

その理由を解説していきます。

 

言いたいことも言えないそんな世の中じゃ…

僕たちは、夫婦喧嘩や、普段の日常の会話でも、言いたいことをちゃんと伝えるようにしています。

『鼻水すするのやめて欲しい。』

『一緒に寝たい』

『家事やったから褒めて欲しい!』

など、なんでもないこともなるべく全部言うようにしています。

これは、特に取り決めがあってそうしたわけじゃないですが、仲良く過ごそうを思っていたら自然とそうなっていきました。

 

夫婦生活をしていて気が付いたことが一つあります。

それは、言わないで察してもらうと言うことはほぼほぼ無理ゲーだと言うことです。

 

人間は期待を遥かに下回るほど鈍感だし、自分の気持ちや希望を言わないことのメリットってあまりないのです。

それだったら、言って相手に気持ちやこちらの希望を伝えて、自分のやりたいことを実現する方が効率的です。

 

もちろん、察してそっと相手の希望に応えてあげられればかっこいいのですが、

それはそれでできたらOK。基本は積極的に伝えて仲良く過ごしたいですよね。

 

言いたいことも言えないそんな世の中じゃ…

僕たちは夫婦喧嘩することによって、日頃の言いたいことをちゃんと言い合えているからこそ、円満に過ごせているのかなと思います。

 

 

夫婦喧嘩は『言いたいことをちゃんと伝えるタイミング』として捉え、自分の気持ちや希望をきちんと伝えるのがいいと思います。

 

パートナーのことを気遣って何も言えないのは逆にパートナーにはストレス

こう言った話をすると、

『パートナーがもしかしたらストレスを感じるかも知れないので、なかなか本音が言えない…』

と言う人がいるのですが、全く逆です。

 

家庭教育を研究している高橋愛子先生も下記の通りに述べています。

「相手に遠慮して何も言えない」というのは、実は自分自身で勝手に判断していること。これは、人の話を聞こうともせず、自分を否定し、同時に相手も否定している。

出典元:ママテナー夫婦間で遠慮してしまうのは、なぜ?

 

相手に対して何も言えないと言うのは自分で判断しているだけなので、パートナーの真意はわかりませんよね。

僕だったら、絶対に言ってくれた方がいいです。

 

相手が言いたいことが言えずにストレスが溜まって辛い思いをしている方が僕にとってはよっぽどストレスだと感じてしまいます。

 

プンプンする嫁

 

どんどん積極的に自分の言いたいことを言っていくことをオススメします!

 

相手が喜ぶことも言えるようになる

日頃から、こう言った自分の気持ちを素直に伝える習慣がついていると、相手への感謝の気持ちや、相手が喜ぶことも自然と言えるようになってきます。

例えば、

『嫁ちゃんのこう言う所すごいと思う!』

『嫁ちゃん、かわいいなぁ』

『旦那ちゃん、〇〇してくれたんだね!ありがとう〜』

こんな感じで、日頃の感謝、褒めなどの、相手にとってプラスになる表現も自然と言えるようになってきます。

 

 

夫婦円満に過ごすためには、お互いの幸せポイントを加点してくと、非常に日々を満足に過ごすことができるようになるのです。

 

褒められて上機嫌な嫁

 

 

夫婦喧嘩になった後はどうする?

とは言え、難しいのは仲直りですよね〜。

では喧嘩した後はどうしていけばその後も仲良く過ごしていくことができるのでしょうか。

 

喧嘩後は、早期に仲直りが最善策!

皆さん、喧嘩した後、謝るのに時間がかかったりしていませんか?

僕たちは先日の喧嘩では、実は意地を張って少し謝るのが遅れてしまいました。

結果として、その日のうちに嫁ちゃんから謝ってくれて、お互いに謝って和解と言った状況になりました。

 

喧嘩した後は、とにかく早期にどちらかが謝って終わらせることが大切です。

具体的には、絶対にその日のうちには仲直りしたいところです。

喧嘩している時間が長ければ長いほど、お互いのストレスポイントは高まっていきます。

こうなる前に謝ってしまった方が夫婦の関係良好で済むし、勇気を出して謝りましょう。

そして、言いたいことをしっかりと伝えましょう。

 

そうすると、仲直りした時に、前より仲が深まったりします。ぜひやってみてね!

 

喧嘩が長期化してしまった場合

喧嘩が長期化してしまった場合は、とにかく勇気が出せるかどうかが鍵になります。

時間が解決してくれると言う場合もありますが、そうであってもどちらかが謝って初めて解決に向かうと思います。

 

勇気を出すためのキッカケを作っていくことが大切です。

例えば、

  • 買い物の時にパートナーの好きなものを見つけたら買ってみる
  • 好きな番組を流しておく
  • 食事の時に好きなものを作ってみる

と言った具合に、会話のキッカケになるような会話のタネを作っておくことが大切です。

僕は、時々嫁ちゃんの大好きなkiriのチーズを買っておくことがあります。

そうすることで、嫁ちゃんのご機嫌を取りつつ、喧嘩してしまった場合の会話のタネを作っておいたりしています。

 

なるべく長期化しないほうが良いですが、そうなってしまった時は謝る勇気を出すキッカケづくりを頑張りましょう!

 

\YouTubeでも赤裸々に語っております。。。/

出典元ーうおプロ流「仲直りの極意」とは!!

 

終わりに

夫婦喧嘩は捉え方によっては、夫婦2人の気持ちを見つめるいい機会かも知れませんね!

我々うおプロも、パートナー同士、言いたいことがきちんと言える関係性を今後も作り続けていきたいなと感じています!

 

 

プロちゃんでした!読んでくれてありがとう!

うおプロともっと仲良くなりたいと思ってくれた方はファンクラブをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 1 =