【名古屋市東区パーソナルトレーニングジムが教える】健康食品の詐欺に騙されない思考法【健康球体思考法とは?】

【名古屋市東区パーソナルトレーニングジムが教える】健康食品の詐欺に騙されない思考法【健康球体思考法とは?】

こんにちは!

名古屋市東区のEXTRA FITNESSにてパーソナルトレーナーをしているHERO(ヒロ)です!

本名は魚住 大貴(うおずみ ひろたか)と申します!

 

突然ですがみなさん、健康食品についてどう言った印象をお持ちですか?

僕はどんなものがあるのか、興味はあるのでよく見ていて、Googleの検索エンジンに”健康食品”と入力して驚いたんですけど、

 

なんと、健康食品と入力して、次に出てくるワードは”詐欺”…!!!

確かに、昨今、ダイエットや健康に関する情報が飽和した現代では、かなりの詐欺的な健康食品も増えているのも間違いではないと思います。

(もちろん、健全な開発努力の元開発された健康食品もあると思います!)

 

おそらく、これからもこう言った商品は増え続けるし、昨今のインフルエンサーと言った影響力が強い人たちの登場も相まって、情報はどんどんと飽和していくと思います。

こうした中で、我々消費者が健康食品を選ぶのはどんどんと難しくなってくるのが現状です。

 

例えば、昔こんなことが話題になりました。

アマゾンのBOOKランキングの1位、2位、2つの本の内容がそれぞれ、

  • コーヒーは健康に良い
  • コーヒーは健康に悪い

 

という内容だったのです。

 

これはつまりどういう意味かというと、単純に、コーヒーには良い面も悪い面も存在するということです。

 

 

では、実際、この本の片方だけを読んだ人は、どうなるでしょうか。

多くの場合、”健康に良い”と書いてある方の本を読んだ人は、次の日からコーヒーをルーティンのように飲み始めるでしょうし、

”健康に悪い”と書かれた本を読んだ人は、よっぽどの愛好家でなければ次の日からコーヒーを飲まなくなってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、本来であれば、コーヒーには良い側面もあるし、飲まなくなってしまうのは何か違うような気もするし、

悪い側面もあるとなると、ルーティン化してがぶ飲みし続ければいずれ何かしら調子を崩す可能性はあると言えるわけです。

 

こうやって、健康に関する情報って、結果よくわからずに、消費者は『何を信じれば良いんだ!』みたいなことになるのです。

 

そこで、僕が今日紹介したいのは、”健康球体思考”という僕自身の思考法です。

この思考法ができるようになってからは、僕自身、しっかりと健康食品について理解をし、サプリメント等を選定できるようになりましたし、

サプリメント等の健康食品に対して、きちんと選定できるようになったので、無駄なお金を支払うことが無くなりました。

 

この文章を読んでくれた皆様にも、正しい洗濯ができるようになることを望んでいます。

 

身近な人を健康で幸せになりますように…

 

健康球体思考とは?【健康について球体思考で考える】

健康球体思考とは、まさしくそのまま言葉の通り、健康について球体思考で考えるということです。

健康についてはなんとなくみんなの共通認識があると思いますが、”球体思考”とはなんぞや?という人が多いと思います。

 

球体思考とはズバリ、”物事を1側面だけで考えないようにする考え方”です。

 

 

先ほどの例を見ていくと、

アマゾンのBOOKランキングの上位2つの本の内容が、

  • コーヒーは健康に良い
  • コーヒーは健康に悪い

という内容だった。

 

健康球体思考ではない、1側面だけ見てしまう考え方だと、極端に考えれば、コーヒーをがぶ飲みするか、全く飲まないかのどちらかですが、

健康球体思考で考えた場合、『コーヒーには良い面も悪い面もあるから、好きだけど飲み過ぎには注意しよう。』という考え方に落ち着くことができるので、コーヒーの悪い側面を知りながらも、摂取量を抑え、良い部分だけを得られるということになります。

これが、健康球体思考のメリットなのです。

 

※ちなみに、コーヒーの摂取量は個人差が大きく、日本の厚生労働省も目安となる量を規定していないものの、おおよそマグカップ3〜4杯程度に押さえておく方が良いとされています。(特に妊婦には注意喚起を行なっています。参考HP厚生労働省ホームページ))

 

健康食品やサプリメントに対して、多くの人が極端に考えて、

『これさえ飲んでおけば痩せる!』

『これで健康になれる!』

という考えになってしまいがちですが、実際のところはそうではありません。

 

健康食品やサプリメントについては、球体で考えると非常に判断しやすいです。

どの角度から見るかによっては良く見えたり、悪く見えたりするのです。

 

僕が皆んなに進めているプロテインですら、たくさん飲み過ぎれば健康に良いかというとそうではないし、

良い側面と悪い側面があるとわかっているからこそ、それに頼りすぎないでバランスの取れた栄養摂取ができるようになるのです。

 

皆様には是非とも、健康食品やサプリメントを前にした時、球体思考を持って判断してみてください。

具体的には、

  • 良い面と悪い面、両方を確認する
  • 悪い面に囚われすぎない
  • その商品を取り入れたとして、今後どんな人生になるのか考える

これらのことを考えた後に、総合的にメリットを感じたら購入することにしています。

 

健康球体思考を持った上でHEROが取り入れている健康食品とサプリメント

僕が、この健康球体思考で考えた時に、取り入れた健康食品とサプリメントはこちらです。

 

玄米

玄米は別でブログにしたいくらいに好きな食材です。

メリットとしては、

  • 主食の白米と比較した時、ビタミンミネラル・食物繊維が豊富
  • 食べ応えがあり、腹持ちがいい
  • 便秘解消

これらのメリットはすでに肌感覚でも感じています。

さらに導入の決め手となったのは、家族である嫁もかなり気に入ってくれたこと。

いくら健康とは言え、家族が嫌がるものは食卓に加えたくはないが、嫁がここまで喜んでくれて、しかも悩んでいた便通も改善しているのだから、メリットが大きいです。

 

デメリットとしては、

  • アブシジン酸による影響(毒素が残り、悪影響を与える場合がある)
  • 食べ応えがある=消化吸収が悪い

と言った側面もありますが、これらはちゃんと12時間以上浸水して(24時間やることもある)、発芽玄米にしてから炊くことで、解決します。

発芽玄米にする事で、玄米自体も柔らかくなり、消化吸収も良くなります。

また、発芽玄米にする過程で、アブシジン酸が分解されます。アブシジン酸は加熱する事で分解されますが、発芽玄米にする事でより分解してくれるのです。

 

しっかりと浸水して、発芽玄米を炊くには手間が必要ですが、自分自身の余裕を考えた時でも、その手間がかかっても良いと考えたので、食卓に導入しています。

このように、メリットとデメリットを確認した上で、総合的に判断した時に取り入れようと思えた時に僕は導入するようにしています。

 

プロテイン

これは賛否両論ある可能性もありますが、プロテインは僕と嫁の食生活には欠かせません。

やはり、1日のタンパク質摂取量をちゃんと摂取するには、プロテインを有効活用するのが、ライフスタイル的にも必要だなと判断しています。

 

プロテインのメリットとしては、

  • タンパク質が気軽に簡単に摂取できる
  • 液体なので消化吸収が早い
  • 持ち運びもできる

 

デメリットとしては

  • 人工甘味料の使用
  • 高タンパクになりすぎた場合のリスク

良くない側面としてはこれくらい。

人工甘味料はあまりにも取りすぎている場合は考えなければなりませんが、現状の摂取量ならまだ問題ないかなと。

そして、高タンパク質になりすぎるリスクに関しては、後々のブログでも説明していこうと思いますが、高タンパク質になりすぎても、

健康的なリスクは存在するのは間違い無いので、摂取のしすぎには絶対に注意が必要です。

摂取量に関して、詳しく知りたい方は、こちらのブログも参照ください。

 

健康球体思考のHEROが最も健康的では無いと考えるものとは?

健康球体思考で考えても、まさしく絶対的に良く無いものとして、一つだけ挙げる事ができます。

それはズバリ、ストレスです。

 

ストレスに関しては、メリット的なものは一つも見つけた事がありません。

デメリットオンリーの、人体にとっても猛毒だと思います。

いくらストレスと引き換えにお金を稼いだりできたとしても、未来には医療費になって消えていきます。

 

ストレスがメンタル的にも良く無い影響を及ぼすのは、言わずもがなですが、

消化器官にも影響を及ぼします。

 

このストレスに関しては絶対的にケアをしなければなりません。

人それぞれ方法は違いますが、絶対に溜め込んではいけないと思います。

 

 

まとめ

以上が健康球体思考という考え方です!

健康食品やサプリメントに相対した時、この考え方で、少しでも皆様の無駄な買い物や、損した気分になる事が少なくなったら嬉しいです!

あと、ストレスは絶対に溜め込まないようにしましょう!

 

以上!HEROでした!

読んで頂き、ありがとうございました!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 8 =